伽羅通信

2009年バックナンバー(掲載順)

第24号(2009年10月1日)

義経と弁慶主従の悲劇を今に伝える腰越の満福寺

平家一族を滅亡させ帰還した凱旋将軍・義経に、なぜ頼朝は「鎌倉入りはならぬ」という指令を出さねばならなかったのか?その謎を探りに、腰越の「満福寺」を訪ねました。

第23号(2009年9月9日)

お彼岸は香りのよいお線香でご先祖のご供養を

秋のお彼岸はご先祖様を敬い、亡くなった方々をしのぶ大切な日です。よい香りのお線香を用意して、ご家族そろってお墓参りにいきましょう。

第22号(2009年7月9日)

お線香で祖先と会話する「お盆」

日本各地で行われているお盆は、祖先の霊と一緒に過ごすとても重要な行事です。

第21号(2009年6月8日)

家族を失いつつ鎌倉を守った政子

尼御台として尼将軍として鎌倉幕府を守った北条政子の、鎌倉での26年間にわたる苛烈な戦いの軌跡をたどってみましょう。

第20号(2009年4月16日)

鎌倉に刻まれた北条政子の生き様

鎌倉に刻まれた北条政子の生き様—女として、妻として、母として、そして尼将軍としての政子の果断な生き方をご紹介します。

第19号(2009年2月19日)

武家政権680年の始祖、源頼朝

歴代権力者たちの人物評価や、語られることの少ない生活人の素顔まで探ってみました。

第18号(2009年1月16日)

古都の小径に眠る英雄達のドラマ

800年余の昔に立ち返り、鎌倉時代誕生のドラマを演出し活躍した人物たちの足跡や物語をたどる旅を、この都の創始者「源頼朝」からはじめてみました。

第17号(2009年1月1日)

新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申しあげます。旧年はひとかたならぬお引き立てをいただき、ありがとうございました。

このページの先頭へ