伽羅通信

2008年バックナンバー(掲載順)

第16号(2008年12月12日)

錦秋に映える古都鎌倉を歩く

自然に恵まれた秋の鎌倉で、なによりも魅力あるのは紅葉でしょう。師走の早朝、紅葉のスポットを急ぎ足でめぐってみました。

第15号(2008年11月7日)

受け継がれる奥ゆかしき行事「炉開き」

秋から冬へと移りゆく季節になると、日本各地で優雅な「炉開き(ろびらき)」の伝統行事がおこなわれます。

第14号(2008年10月14日)

平安の雅がよみがえる「献香式」

きたる10月25日(土)に、鎌倉鶴岡八幡宮におきまして、本殿にておごそかな「献香式」がとりおこなわれます。

第13号(2008年7月22日)

祖先と現代人をつなぐ「お盆」

日本各地で行われているお盆は、もともとは7月の行事でしたが、ひと月遅れ(旧盆)の盆行事をするのが最も一般的のようです。

第12号(2008年4月14日)

伝統工芸の美が結晶した「香道具」

奥ゆかしくも洗練された所作で香木をたき、その薫りを文学的テーマで鑑賞する香道は、茶道、華道と共に室町時代に形づくられました。

第11号(2008年3月21日)

衣裳に香りを移す「伏籠」

衣裳に香をたきしめる時に用いる道具~源氏物語の世界にも登場する「伏籠(ふせご)」についてご紹介します。

第10号(2008年3月10日)

魅惑の香木『伽羅』

ほんのわずかな貴重品?『伽羅』と呼ばれる最高峰な香木についてご紹介します。

第9号(2008年2月19日)

鎌倉の名店紹介 第3回「てんぷら大石」

天薫堂おすすめの店の第3回は「大石(おおいし)」さん。若宮大路に面した地元でも評判のてんぷら専門店です。

第8号(2008年2月1日)

日本最古の築港跡「和賀江嶋」

鎌倉の繁栄を支えた国際港「和賀江嶋(わかえじま)」をご紹介いたします。

第7号(2008年1月17日)

「ぼたん庭園」で一足お先の春を楽しむ

冬空の鎌倉で、彩り華やかに花咲く「古都の冬の花園」をご紹介いたします。

第6号(2008年1月1日)

新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申しあげます。旧年中はひとかたならぬご愛顧を賜り厚く御礼申しあげます。

このページの先頭へ